トラ丸企画株式会社

鹿児島のホームページ制作会社 トラ丸企画株式会社

SSLしないとGoogleが徐々に警告度を増していく

2018年06月14日

前回、「7月24日までに常時SSL化しませう?」という記事を書きました。

7月24日という根拠は(Google Chrome 68)のリリース予定日だから。

リリース以降、SSL化(セキュリティ通信化)されてないサイトには、

アドレスの横に「保護されていない通信」と表記されるようになります。

 

この警告度合いは徐々に「あからさま」になっていくようで、以下の記事にあるとおり。

Chrome アナウンス
https://blog.chromium.org/2018/05/evolving-chromes-security-indicators.html

 

↑英文でしたのでざっくり説明しますと・・・

どうやらSSLを強く推奨するGoogleさんは、

「初めからサイトは安全であることが前提なんじゃい!」とのお考えで、

9月にリリース予定の(Chrome 69)では、SSL化(セキュリティ通信化)されたサイトに対して

「保護された通信」の文字も表示しなくなるようです。

※以下、Chrome アナウンスから画像を拝借

ほいで10月のリリース予定の(Chrome 70)では、

SSL化に対応していないサイトに対して

ユーザがフォームにデータ入力したときに、

赤い文字警告アイコンで「保護されていない通信」の警告を出す予定と警告しています。

 

ここまで来ると、GoogleのSSL化推奨の本気度が伺えます。

SSL化に未対応のままだと、「SEO対策(検索順位)にも影響する」と公言されているので、遅かれ早かれ対応は必須になりますね。

いや、遅いじゃダメです。早いもん勝ち?です。

 

実際、Googleさんはまだ優しい方だと思います。

すでに、iPhone標準ブラウザ「Safari」では、SSL未対応のサイトでパスワード等を入力しようものなら

 

安全ではありません

 

WEBサイトは安全ではありません

と、かなり強めの警告を発してくれます。なんて親切なんだ♪

 

インターネット利用者のことを大事に思えばこそのセキュリティ通信化。

弊社でもSSL化を推奨し、ススメていきます!

 

常時SSL化

 

いやいや、これ(SSL:スーパーサイヤ人L)じゃなくて・・・(^_^;)

 

一 覧